2015年03月26日

ドクター直伝!花粉症対策体質改善プログラム


K・ミュージックプラン


今の季節花粉症で相当困っている方は大変多いと思います。私も数年前までは重度の花粉症でした。くしゃみは止まらず、鼻水も出っぱなし、目はかゆくて目薬無しでは生きて行けない状態でした。現在はというとマスクなし(^^ 目薬なし(^^ くしゃみもほとんどなし(^^ たまに噂されて出るくしゃみはありますが(^^;;


kafun.gif



こんな感じでほぼ2,3,4月は昔の様に快適になりました。さてそうなった経緯をお話します(^^♪


2,3年前に長野県佐久市にある、ステキな旅人の宿、三輪舎さんで一人ジャズライブをやったんですが泊まり客にドクターがいらっしゃいました。




そのドクターとライブ後に飲みながら(^^♪ 食生活や花粉症、高血圧、がんについて本音で教えて頂きました。ここから書くことを実践すれば体質改善後、来年の春からおそらく花粉症は軽減されて1年,2年,3年目にはほぼ私と同じくらい花粉症に悩まずにすむと思います。変わらなかったらごめんなさい(..


それではドクター直伝体質改善プログラムを紹介します。
うちの母親が高血圧の手前の予備軍なのでそれも含めての体質改善プログラムです♪



kafun2.gif



まず基本編ですが人間は動物なので、朝日を浴びないとダメだそうです。最低10〜20分。なのでウォーキングで血液の循環を良くして体温を上げます。出来れば36.5度くらい。ちょっと体が温まったな〜くらいが目安です。


この朝日を浴びることで体内時計の調整、ビタミンDなど体に取り込みます。



ちなみに紫外線が気になる女性も朝日の紫外線は昼間よりも弱いんですよ〜♪ 



次に基本の食生活は日本人は太鼓の昔から農耕民族でお米を食べてきたので、米中心の食生活に戻すことだそうです。


私もパスタやラーメン、うどんなどは食べますが週2回くらいで麺類の中心は蕎麦と春雨を代用しています。

もしお父さん、お母さんが血圧高めの場合は朝食は洋食は控えめにして、1週間に1,2回。あとはご飯(玄米食)、味噌汁、お新香の3品が基本メニューで、たんぱく質を摂るなら納豆、あとは焼魚、サラダ系を摂る場合は全て温野菜だそうです。生野菜は体温を下げるので、あまりすすめられないとのことでした。 あと味噌汁のみそは必ず天然塩を使っているもので調理して下さいとのことでした。


卵はちなみに食べなくてよい食品らしく(^^; ドクター曰く、死んでるので食べない方がいいよ〜(^^/ もし食べるんだったら有精卵にしなさい(^^♪ でした。


昔教えていた同じく内科医の先生も玉子は週2こ以上は辞めた方がいいよ〜(^^;;; と申しておりました(^^;;


そして驚きが乳製品(^^; 乳製品は日本人は分解吸収する酵素が何と! 6歳で無くなるそうです。なので6歳以上は牛乳、チーズ、ヨーグルトなど必要ないそうです(^^;



さて、これで成人病やアレルギーの原因が小麦、乳製品、玉子と全て西洋に多い食品だというのが分かります。続きましてカフェイン(^^/

カフェインも出来る限り、花粉の始まる最低3ヶ月前には極力飲むのを控えます。友達とたまにお茶の時以外は今はコーヒーも飲むのを辞めました。

お酒はワインはドクター曰くOKOK(^^/ と申しておりました
*\(^o^)/*


焼酎はまあいいよ〜(^^♪


だそうです\(^o^)/


次に出来る限り食べない方がよいものはコンビニの弁当、おにぎり、スーパーのお惣菜など日持ちさせるために防腐剤、着色料の入ったものは全て花粉症に関係してきます(^^;


なので手作り弁当や個人商店、手作りパン屋さんなどはOKですがパン食中心だと食べる量も多いので花粉も治りません(;_; あとはファーストフードも極力控えめにだそうです。


早ければ3ヶ月で体内の血液は入れ替わりますので効果出てきますが体内に蓄積している防腐剤や添加物など化学物質が出ていくのに2,3年くらいは掛かるので、でもそこから春はランランの生活が待ってますよ〜(^^♪


ドクター直伝のお話はまた次回〜(^^/~~~~~


K・みゅーじっくすくーる


posted by キッシー at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115726984
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック