2015年09月08日

Mac OSX のCore Adio が認識しなくなった場合。


今日は9月8日です。現在複数の仕事を抱えてアップアップ状態のスケジュールの中、先月末におこったパソコントラブルのお話が途中までだったので、こちらだけでも何とかアップします。




今回2年に1回くらいの割合で起こり得るパソコントラブルなのでかなり長いですが興味のある方はお読み下さい。


8月26日Appleはレコーディング仕事で使う「Logic Pro X 10.2」をリリースしました。翌27日朝Macを開くと自動的に10.1から10.2にバージョンアップされてました。そのまま気にせず仕事で使用し、お昼に一旦パソコンはシャットダウン。昼食後、Macを立ち上げLogicを起動するも最初の画面表示で固まったまま動きません。



訳わからずネットで情報収集やFBでLogic使用している方に聞いたりしても同じ症状の方はおらず、一旦アプリを削除して再インストールしても改善しないので、オーディオドライバは起動しないで、立ち上げたところアプリの起動に成功♪ でもオーディオドライバを起動していないので音は出ません(^^; そこでMac内蔵の入出力に切り替えCore Audioにチェックマークを入れて、変更ボタンを押すと今度は「初期化中」で画面は固まってアプリは動かなくなります。



27、28日の明け方まで色々試しましたが残念ながらギブアップ!



29日に最後の手段、表参道のアップルストアに出向くことにしました。



am10時オープンで、予約するというのは全然頭の中になかったので当日扱いで11時に対応が始まりました。問題のCore Audioの初期化で固まる部分でアップルストアのお兄さんが「これはOSに付属しているプログラムでこれ単体では差し替えが出来ないので、データーをバックアップしていただいてOSは再インストールしましょう」と、あっさり回答。原因は不明だそうですがそういうこともあるそうです。




この日はバックアップまでは考えていなかったので外付けハードディスクは持ち合わせていませんでした。1TBのUSB経由の外付けHDDを税込14000円ほどで購入後、バックアップに約8時間、OSの入れ替えとLogicのダウンロード後、内部スピーカー入出力チェックで無事音が出たので、もう大丈夫と思いそのまま帰宅後、仕事場のオーディオインターフェースに接続し、オーディオドライバーを日本のM-AUDIOのサイトからダウンロード、LogicProXを立ち上げてみましたがインターフェースは認識してくれません(^^;;?



あれ〜と思い、あれこれネットで検索すると、新しく入れたOS Yosemiteはうちのオーディオインターフェースは使えない(^^;うんたらかんたらのM-AUDIO英語サイトが見つかり愕然とする。 



仕方なく本日30日にもう一度、アップルストアでOS YosemiteからOS Mavericks にダウンサイズしかないかな〜と諦めかけながら、一台は光ファイバー接続パソコン、もう一台はWiMax接続パソコンで、OS とオーディオインターフェースの関係について最後のあがきで調べたところ、同じキーワードなのにWiMax 接続パソコンで、M-AUDIO のアメリカサイトにOS Yosemite で使えるオーディオドライバーが載っていました!!



日本のサイトは随分前から10.8.5までしか載せていないのに本国ではちゃんと10.10.1までのドライバーがダウンロード出来る様になっていました♪



なんでやねん(^^?? と、思いながらも10.10.1用のオーディオドライバーをダウンロードしたところLogicはちゃんと認識してくれて音もちゃんと出ました〜♪(^^)♪



これでやっと仕事が再開出来る〜♪ でも、めっちゃバテたんで明日はオフ〜(^^




以上、小さなパソコントラブルも、こーーーんなに苦労するお話でしたm(__)m




この記事の詳細はこちらのサイトで写真付きで紹介しています。



http://k-mp.jp/CoreAudio




posted by キッシー at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | K・ミュージックプラン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163181887
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック