2012年06月07日

御嶽駅〜奥多摩駅までウォーキング、その@


前回御嶽駅から川沿いを歩くコースがとても気持ち良かったので、今回は御嶽駅から奥多摩駅までなるべく多摩川沿いを歩いてみようと思います。


前回山カフェした時にお湯の温度がぬるかったので、数日前ドンキホーテでガスバーナーを見に行きましたが購入するのはもう少し後回しにしました。装備が重くなるのと手持ちのザックでは荷物が入りきらない為です。そこで考えたのが朝出かける前にポットのお湯を再沸騰させ100度の状態で持っていけばもう少しマシかなと考えました。


それからブログにアップしている写真の手振れが気になる為、今後写真はデジカメで撮ることにしました。ただ写真1枚あたり1メガ以上のファイルの為、マック(パソコン)のフォトショップでファイルを軽くしてからブログに張り付けることにしました。若干作業工程に時間が掛かりますがもう少しましな写真を投稿する為にはしかたありません。



三鷹駅6時24分発→立川で青梅線に乗換6時50分発→御岳7時45分着。


今日もお昼ご飯はおかしのオオツカで購入し電車に乗り込む。途中立川駅で乗換の時に「このまま高尾山に行くのも悪くないなと一瞬考えたが何も下調べしていないので今回は見送ることにしました。車内には山ガールではなく山ボーイがいます。頭のてっぺんから足の先まで本や雑誌に出てくるファッションやアイテムに身を包み「なんだか笑っちゃうな〜、俺恥ずかしくてあんなかっこできん」などと思いながら電車にのんびり揺られてました。


私は海も大好きですが自然の多いところに来ると気持ちが楽になります。それだけ都会はストレスが多いんでしょうね。それでは御岳駅出発!


今回も御嶽駅にあるトイレで用を足し出発しようとした時にトイレの手前で御岳インフォメーションセンターを発見します。先週来た時には気にもとめなかった場所ですが2回同じところに続けてくると視野が広がりますね。早速、情報収集しているとこんな張り紙を発見。


IMG_0054.jpg

IMG_0055.jpg


「ふむふむ、東京でもくまが出るのかぁ〜」インフォメーションセンターのおばちゃん(60代)に聞いたところ沢山のくま情報を教えていただきました。たまたま吉川英治文学散歩のパンフレットを見つけ「昔、吉川英治さんの息子さん(吉川英明氏)と平家物語の音楽仕事をしたんですよ…」と言ったのがまずかった!
しゃべるしゃべる…朝ドラの梅ちゃん先生を横目でちらちら見ながら逃げるように8時15分に出発。


ちなみに本日の目標地点、奥多摩駅の手前に奥多摩ビジターセンターがありますがここの2階にもこんな案内がありました。

IMG_0203.jpg

IMG_0204.jpg


なるほど、次回の山歩きまでに鈴は購入せねば…、もし鈴が無い場合,くまに出会ってしまった時は御岳インフォメーションセンターのおばちゃん情報によると、ホイッスル、ラジオなど音の出るものが効果的だそうです。


それでは御嶽出発!

IMG_0056.jpg

IMG_0057.jpg


先週の御岳山に向かう橋を過ぎると奥多摩フィッシングセンターがあります。昔中学まで釣りをしていた私は何回か来た覚えのある懐かしい場所です。確かニジマスが釣れたかな〜。

IMG_0061.jpg


その先には御岳美術館がありますが開館時間がAM10時の為、先を急ぐことにします。ここまでは幼児からお年寄りまで気軽に歩けるお勧めルートです。

IMG_0062.jpg


御岳美術館を過ぎて少し歩くと残念ですが青梅街道に出てしまいます。

IMG_0067.jpg


坂を登りきって左に曲がり青梅街道をひたすら歩きます。ここは歩道も狭いので気を付けないと危ないです。川井駅の手前には綺麗な大きな橋(おくたまおおはし)があります。

IMG_0075.jpg


川井駅の場所は分かりませんでしたが帰宅してから調べたところ“おくたまおおはし”のちょっと手前にあるらしいです。川井駅付近から次の古里駅目指してひたすら青梅街道を歩きます。奥多摩へは車やバイクでよく来ましたから見慣れた風景と思いきや、歩くことによって沢山のことに気付かされます。


青梅マラソン30Km折り返しの看板を通り過ぎ古里駅前交差点までやってきました。

IMG_0079.jpg

IMG_0080.jpg


ちなみに今回の旅では奥多摩駅までここのセブンイレブン以外にコンビニはありませんので買い物はここで済ませたほうがよいです。古里駅前交差点には9時20分到着。

IMG_0083.jpg


古里駅でトイレに行き次の目標の鳩の巣駅を目指します。途中川遊びに最適な「寸庭橋」に立ち寄ります。古里駅では地元方の会話が耳に飛び込んできましたが少し独特ななまりがあります。同じ東京でも方言とまではいかないけれど、なまりがあるんですね。古里駅は9時30分出発しました。


青梅街道をしばらく歩くと二股に分かれるポイントが現れます。左の細い道は“大多摩ウォーキング・トレイル”といいます。

IMG_0086.jpg


しばらく道なりに歩いていくとまた二股に分かれ道があります。そのまま左方向に歩いていきます。

IMG_0092.jpg


道の先には駐車場と公衆トイレがあります。しかもトイレはきれい。。

IMG_0094.jpg


この公衆トイレの先には“寸庭橋”があります。

IMG_0095.jpg


橋を渡りきった右手に川に下って行く階段があります。階段を下るとそこに広がる河原は子供たちの格好の遊び場、お弁当広げるもよし、お父さんは昼ビーするもよし…。もしこの場所で遊ぶのが目的であれば古里駅からハイキングがてら来るのもいいかもしれません。

IMG_0101.jpg


私はここで休まずに大多摩ウォーキング・トレイルを先に進みますがここから先は幼児にはけっこうキツイ道になりますので小学3年生以上の方向けでしょうか。ただ道の途中にはこんな綺麗な滝や花もあります。

IMG_0105.jpg

IMG_0106.jpg


しばらく道なりに歩いていくとこんなポイントがあると思います。このポイントから道は次の休憩所までひたすら上りが続きますので、もしなんとなく来てしまった方はここで引き返してもいいかもしれません。

IMG_0109.jpg


御嶽駅を出発して最初の難関がこのあと待っています。ひたすら続く上りの階段、いったいどこまで続くのやら…









posted by キッシー at 22:08| Comment(0) | 東京のハイキングコース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。