2012年06月15日

音楽歴そのB


私の通っていた連雀学園南浦小学校には鼓笛隊というものがあって上級生(5、6年生)になると小太鼓、中太鼓、大太鼓、シンバル、ベルリラ、アコーディオン、ピアニカ、そしてこれらを束ねる指揮者(もちろん生徒)を、音楽の成績が良くて活発でやりたい意志のある子供達の中から、先生が選んで割り当てていきます(もれちゃった人は縦笛)。

私には3つ年上の兄がいますが兄は鼓笛隊で中太鼓を叩いていましたので、自分も中太鼓を志望しましたがあえなく落選! そのまま縦笛でピロピロでもよかったんですが弾けもしないピアニカを先生に頼んで無理やりやらせていただきました。墓穴をほったのは自分「白と黒の鍵盤はなんなんだろー」困っても後の祭りです。5年生ではだましだましやっていましたが、どうも自分の持ち味を生かし切れず、なんだか肩身の狭い鼓笛隊生活。


1年で諦め6年の時にはまた縦笛に戻りました。



兄は小学校4年生の時に中学1年生。ブラバンに入りトランペットを始め、友達や先輩の影響を受けて家の中では洋楽&ジャズ(ビートルズ、ブレッカーブラザース、トムスコット、デビットサンボーン、トゥーツシールマンス)が流れるおうちに変わりました。なんと小学校4年生からバリバリのフュージョン聞いてました。中でもブレッカーブラザースはよく聞かされましたが、兄がトランペットのランディーブレッカー、弟がテナーサックスの故マイケルブレッカーの兄弟バンドで、私が小学校6年の終わりかけの時期に「おまえは中学行ったらブラバンでテナーサックスやれよな〜、将来はブレッカーだぜ!」と進路先を決められてしまいました(本当はバスケ部に入ろうと思っていた)。


まあ縦笛を吹くのが好きなので同じかんじかな〜と子供心に甘くみてました。


訂正:前回の宇宙戦艦ヤマトの話をお袋に話したところ「なにいうてんねん、レコードいっぱいあったやろ〜」まったく記憶に無かった私は実家を散策。すると出てくる出てくる、レコードの山。そっかー、最近鼻歌で出てくるのは童謡やクラシックが多いもんな…、幼い頃に聞かされた曲は知らず知らずのうちに潜在意識の奥深くに眠っているみたいです。


IMG_0532.JPG





posted by キッシー at 09:31| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。